<< 「もしも緊急地震速報がオーケストラだったら」 | main | 雹 >>
イヤホンジャックアクセサリー
ツイッターに近況(というか実況?)をたまに書いてみていたけれど、ブログも疎か(いつもだけど;)ツイッターも疎かに。やっぱりツイッターの良さがよく分からず(^^;)

結局3/10にiPhone 4sを買い、結構使い勝手が悪いので練習(笑)してました。グリーでの、あるアプリのコメントが入れにくいですねー。いちいちメモ帳立ち上げて、文を作ってから(半角カナ使いたいときはその都度他のアプリで半角作ってコピペして)その文をまたコピーしてコメント欄に貼り付ける。この手間はどうにかならないものか。すごい時間取られる。直接入れると間違えた時訂正できないし(一行コメント欄では文の見えている所にしかカーソルが動かせない)
携帯ゲームのスマホ対応って、本当に対応しただけで使い勝手なんて考えてくれないんですね。
でもアプリ探しは楽しい〜
アプリ…つくりたーい!!
置いといて。。。

そして、イヤホンジャックアクセの量産にも成功し、tetoteさんで販売中です。

3/8に書いたジャックアクセ、どうやって型を取ろうかいろいろやってみて、最終的にはお湯で柔らかくできる「型取くん」というのを使いました。シリコンでは大きい装置になりそうだったのと粘土では張り付いて抜けなそうなのでこれで。
そして、中身は作った時と同じレジックスでやってみたら。
案の定、手足の先が型にくっついてうまく抜けない。やわらかい粘土なので仕方ないけれど、扱い易いのに残念。
そして強度も考え「超低粘度・注型用ウレタン樹脂 ホビーキャストNX」というので試してみました。よくあるプラスチックの食玩みたいな強度が得られればいいなーと思ったので。
素手でやって、手にくっついたのがガビガビに(マネしないで下さい;)苦労したけど固まる時になぜか中央がへこむ。堅さは完璧。なのに、前後をあとで貼り合わせるのに中がへこんでしまうとできないので、これもボツ。難しいなー(ノ_<。)

そしていつものオーブン樹脂粘土「プレモ!」に。
型からの抜けもよく、後からの形をくっつけて整えるのもうまくいったので、このまま作ることに。ちょっと強度足らずだけど。
いままでプレモ!で作ったものは棚から落としても壊れたことはないんですが、携帯につけるとなると相当ハードにしないといけないですモンね;

その後はいつも作るときのように、トールペイント用のアクリル絵の具で5回重ね塗りしたあと顔と洋服を書き、最後にちょっと新しい武器のニスを3回重ね塗りして作りました。
ジャック部は粘土で作る事はできないので、市販のものをお取り寄せ。
熱した針金を挿してこひつじ側とジョイント。ただ台座とボンドでくっつけるだけよりはしっかりしたと思います。

売るにあたってそのまま送るのもどうかと思い、箱作り。
一番ちいさなクリスタルボックスを買ってきて、それに合わせて厚紙で台を作りました。プリントアウトして切って貼ってカッターで穴開けて…完成!




写真のように箱のまま飾っても、また植木鉢にさしても可愛いですよー。

自分では気に入って使ってますが、あまり受け入れられないかな??
| 制作 | 14:38 | comments(0) | - |
コメント
コメントする