<< ナメダンゴ ◉ リターンズ | main | デジタルハリネズミ2++ >>
フローラダニカ


フローラダニカが大好きです。

私の洋食器歴は、遡ること20ン年前。。。
出会いは確か高校生の頃、夏休みに柏の予備校に通っていた時だったと思います。
柏駅の周りをうろうろしてる時、そごうで洋食器のティーカップを見て、なんてステキなんだろう...と思ったのがはじまり。
そして毎日それらを眺めるためにそごうに通っていました(予備校はー?)
最初に買うのはどれにしようか迷いつつ。

最初の頃はウェッジウッドが大好きでした。
丸みを帯びたこのカップこそ完璧な形だー、なんてナマイキにも思ってましたし、セットとして揃えていけるのも魅力でした。
ウェッジウッドは長年好きで、結婚祝いはもちろん退職する人、お世話になった人などに贈りまくってました。
ティーカップだけでなく小物ケースや小皿や時計などもあって、値段も高い中でもまあまあなので贈りやすかったです。

でも。。。
社会人になり東京で暮らすようになって、あちこち気軽にデパートへ行けるようになりーーー
マイセンやロイヤルドルトン、ちょっと陶器ではないけれどバカラも素敵だな〜なんていろいろ知るようになった頃、銀座の三越で『フローラダニカ』に出会いました。
もちろんそれまでもロイヤルコペンハーゲンはあちこちで見ていて、フィギュリンや花瓶はなめらかで素敵だなとは思っていましたが、フローラダニカを知りそのピンクと金の縁取りと「手描き」の魅力にすっかり取り憑かれてしまいました。

話変わって、私は薬剤師なんですが、当然のことながら薬学部を出たため生薬の実習は必修でやらされました。その最初の頃に薬用植物の写生があるのですが、根っこも大事な生薬のモトなので写生は花から葉っぱから根っこまで出来るだけリアルに書かされました。
フローラダニカで描かれている植物は、元々デンマークに自生する植物を網羅した植物図鑑「フローラダニカ」に基づいているため、物によってはお皿でも根っこまで詳細に描かれています。
花弁の形が抜き出しで描かれていたり、リアルなんだけれどもでも品があってやさしくて美しい。。。そして生薬で書いていたスケッチを思い出すーー(腕の差はかなりありますが;)
完全に魅了されてしまったワケです。

最初に買ったのは「ソルトセラー(塩入れ)*1」1998年10月4日でした。
めちゃくちゃ嬉しかったので、今でもそのクレジットカードの明細は箱と一緒にとってあります(^^;)
その頃は今よりも種類が豊富で、お皿のほかにもシロップカップから小さなバター皿やらたくさん置いてありました。バブルの後くらいだったからですかねぇ?
自分用の購入なので(それも完全に飾るための物として)手が届く範囲で一番可愛い絵柄で、といろいろ比較して(比較する品がたくさんあった!)黄色くてまるっこい花のソルトセラーにしました。
買ってからしばらくは、それはそれはずーっと眺めていました。一緒に寝てました。お皿よりも割れにくい形だったので、ずっと触れてました。年賀状もソルトセラーを含めたテーブルの写真を使ったくらいどっぷりとハマってました。

2つ目は、ダンナとまだつきあっていた頃。横浜のそごうでフローラダニカフェアみたいなのをやっていて、ここぞとばかりに私はダニカが好きだーと熱く語り倒して、その場で無理矢理絵皿(25.5cm)*2 を買ってもらいました。2000年1月3日。
そういえば3つ目と4つ目もダンナに買ってもらったんでした。結婚後に、銀座のお店を友達に教えてもらって行き、結婚の記念にもなるからと少し深めの絵皿(25cm)*3 と手鏡を購入。手鏡はプリントみたいでしたが。これは2000年10月14日のことでした。ここではマイセンのティーカップとケーキ皿も一緒に購入。日常使いはいつもダニカでないものにしてしまいます。ダニカを普段使う事は、貧乏性の私には一生ムリ;
でも一般的にフローラダニカは手描きなので、今回を逃したらもう同じ物はお目にかかれない、気に入った物は多少無理してでも買おう、という気持ちで毎回臨んでいます。

その後は、新しい生活が始まり私も仕事を辞めて子育てしたりして、しばらくフローラダニカの世界から離れていました。ぼんやりともう買う事はないのかなーと思ったり。
そして、今年。結婚10周年で!
なんとダンナのサプライズ!!
東京出張の帰りに、小さめではありますが可愛いダニカの絵皿(19cm)*4 をくれたのです!
もうびっくり〜
と共に、、、私の奥底に眠っていたダニカ熱がまたふつふつと復活!ヤバいです。

そのサプライズ絵皿は有楽町の本店で買ってきたようなんですが、そのときポイントカードを作ったみたいなんですね。それからたまにダイレクトメールが届くようになりました。
なんでも今年(2010年)はダニカ220周年とのことで、フェアが開かれるので来て下さい〜のダイレクトメールが来て「う〜気になる〜」なんて騒いでいたら、なぜかダンナが検索してる???
半分冗談で、次は黄色のお花のが欲しいなーなんて言いながら横から見ていたら、オークションにて私が最初に買ったソルトセラーのお花に似た絵柄のシュガーポットが出品されていて内心大コーフン!
その時はそしらぬフリをしつつ、次の日に改めて検索。
やっぱりソルトセラーと同じ属種の(potentilla)お花だと知り、俄然欲しくなり。
でもいろんなお花のを集めた方がいいんじゃないか?いやいや、そんなにたくさんは買えないのだからお揃いのを持っている事の方がすごいんじゃない?と自問自答しつつ、でもこれを逃したらもう買えない、そしてオークションなので格別安い!更に値引き交渉にも応じると書いてある。これはもういくしかない!と思い詰め、まずはダンナに打診。
そっとそうーっとダンナにお願いし、とうとう「いいよ、やってみれば」のお言葉をちょうだいしました!
値引き交渉もまあまあうまくいき、驚くほどの安値(それでも私には高い値段だけれど)でシュガーポットを落札(ノ_<)ウレシイ。
というわけで2010年9月25日に落札、27日に無事可愛い可愛いシュガーポット*5 が到着しました。
やっぱり買ってよかった〜というくらい素敵です。
今度こそ、しばらく新しいのは買えないですが。。。



でもーーー、
今後は穴のあいた絵皿かシロップ入れが欲しいなあ。
シロップ入れは蓋に花がついた丸くて小さいものがいいんだけど、三角のもいいなあ。
いつかはティーカップも欲しいかも。

買えないと思いつつも、まだまだフローラダニカ熱は冷めないのでありました。。。







| 日々のこと | 13:39 | comments(0) | - |
コメント
コメントする